Nicolas G. Hayekと復刻版の“メアリー・アントワネット”の懐中時計(通し番号NO.1160)

ここは2004年、スウォッチでどうしても、グループの創始者NicolasG.を持たなければなりません Hayekは改めてもう1度“メアリー―安多瓦内特”の懐中時計を刻みを決定します。これはブレゲの表を作成する師達に対して一つの巨大な挑戦で、この懐中時計を作り直して歴史の書類に頼ることしかできないためです。パリのブレゲの博物館と芸術と貿易博物館の持ったもと技術の製図と物資に位置して唯一の情報を提供しておよび、協力して、彼らに更に懐中時計のすべての機能におよび、細部を飾るように理解させます。その外、もう1度懐中時計の前でこの“メアリー・安多瓦内特”先に原状に復するその時の表を作成する道具を刻みます。ブレゲの技術チームは克服するのが様々で困難な後で、最終は2008年の春季の記者会見の上で、復刻版をベールに開いて、それは1つの華美な木盒中で放置させられて、フランスの王妃のメアリー・アントワネット王妃の最も好きなゴムの木の材木を採用して製造します。

史の上の第1枚の腕時計もブレゲに出るで、ナポレオンは1世最小の妹のka洛琳娜・ミューラーはブレゲの最も忠実な顧客で、その買ったことがあったブレゲの時に34件計算することができません。1810年、その時がすでに高くてナポリの王妃の彼女のためにブレゲに1部の注文書を頼んだ、注文書中で1がアイデア性の陳述の“楕円形の腕輪が時間を知らせて表す”に富を極めるのがあります。それが2月注文票を出した後で、ブレゲはこの腕時計を作りを始めて、つぶす時2年の半減時間は最後に完成します。

この腕輪式の腕時計がブレゲを採用した時計算する中に最もよくある15分間時間を知らせる機能、めったにない長楕円形形、更に1つのてこ式があってたとえ装置と温度計でもを捕らえます。かつ、王妃の要求のもとで、この腕輪式の腕時計が彫りの金の質の時計の文字盤を替えて彫りの銀の質の時計の文字盤になる、時計の文字盤上でアラビア数字を象眼した時、これを表示するのはその時の金の質と銀の質の時計の文字盤の上できわめてめったにないです。

この腕輪式の腕時計はナポリに送る時、ka洛琳娜・ミューラー王妃はロシアとナポレオン皇帝共に戦っています。ブレゲの書類の中でいかなる略図がなくてこの腕輪式の腕時計の外部設計を説明しますが、しかし、その後の2度の保修記緑の中で、詳しくこの前例のない佳作を記録して述べて、文字の記録者もこの傑作に対して机をたたいて珍しさに感心することにわかって、印象が着くのが深いです。私達はメンテナンスの書類の上からもこの史の上で第1枚の腕時計の真の姿をいくつかうかがい探ることができて、この超薄の時間を知らせる腕時計NO.2639,銀の質の時計の文字盤を採用して、アラビア数字が埋め込みして貼る時表示して、時計の文字盤の上で速い/があってゆっくりと指示して、しかも温度計がまだあります。金糸の紡織の腕輪を採用した上設置して、1つの簡単な金の鍵、2つ目の腕輪は金の赤色の皮を編んで殻を表しを添えます。

今日、この史の上で第1枚の腕時計はすでにどこにも探したことができなくて、あるいはいかなるは公然と個人は皆この腕時計を持つためと表す収集して、それはまた(まだ)世を保存するかどうか?ある日再現ができるかどうか?まだ行う中調査します!