これらの真珠や宝石の作品はやっと芸術品を言います

第1はすぐに上のこの真珠や宝石の作品の時にまで(に)強烈な画面が震え上がらせて着きに衝撃しないでくださいがありますか?これはフィンランドのデザイナーEeroHintsanenの真珠や宝石の作品で、多くの人は恐らく彼のもう一つのブランドの小さく清新な風格のアクセサリーのブランドChao&Eeroに対してもっとよく知っています。このブランドはEeroHintsanenと妻の郭昭賢から2005年に創立します。異なる文化の背景の2人は勉強する時知り合って、Chao&Eeroはこの愛情の最も美しい結晶です。取り上げる価値があったのは、2011年出すSignsシリーズの真珠や宝石、ひとたび広範な好評を受けるのを出したなら、彼らは意外にも流行っているのをネットワークの腕白な表情で指輪につくります。緑の葉、花、泡と足跡のこれらのまたふだん越えない元素、もすべて盛大で厳かに生き生きと最近の新しいシリーズにあった中に現れます。ブランドの全体設計の風格はすべて興味、清新なのが現れて、生活するのに対して無限ですばらしいのを満たして景の雰囲気を望みます。

これはフィンランドのデザイナーEeroHintsanenの真珠や宝石の作品です。彼は原料として銀を使いを得意として、設計の中で溶け込んで元素に彫刻・塑像を作って、しかも風格は多く暗黒な兄特に風格で、ろうの型製造それから立体でコンクリートを型に流し込みます。彼は大きい体積の真珠や宝石を心から愛して、これらの繁雑な設計は多く個人のために注文して作らせて、一モデルごとに1件だけあります。これらの真珠や宝石は芸術品の類に似通って、値段が高いです。