これ10年来本当に流行っている傾向のが恐らく3種類ことができま

数年前雑誌社が編集をする時、すべての年表展はその後よくいわゆる“流行っている傾向の分析”ができます個。今思い出して、それでは実は分類がとりまとめると言えることしかできなくて、これ10年来、本当に流行っている傾向のが恐らく3種類ことができます:

黒い時計:主に黒色の殻を表す腕時計で、つまるところやはり(それとも)ハイテクの陶磁器の材質の誘発する“災い”。これはレーダーの“遊ぶ”多くの年の材質にどんな原因を知らなくなられて、2009年―2010年の前後で多くのブランドの愛顧に始まって、しばらく噴出式の現れた大量の黒色の陶磁器は殻のデザインを表します。コスト、技術などの制限するブランドを受けても普通なステンレスを殻に表して黒色をめっきします。

もう1度時計を刻みます:ここ2年熱は依然として減少しないで、実は時計のブランドは自分での博物館あるいは歴史の資料中から1匹の時計を選び出して、細部を設計して現代の審美によって少し微調整して、再制作は出します。実は私からすると、スイスのたくさんのブランドは少なくともすべて百年の歴史があって、この事がやり始めるのは本当に容易すぎます。しかし毎回良いのがもう1度やはり(それとも)我慢できないのを刻んで好きなことを見ました。たとえば前回の5匹の万元の以下の新作の中で推薦して、3モデルあるのはすべてもう1度刻むのです。OMG!これは真魔の咒い是。
2018バーゼルの土豪の特別興行―新型陀はずみ車の腕時計TOP5はあなたは3軸陀はずみ車の感銘を考えたことがありますか?このやつはスイスでWallerは働いて、興味を持つ友達は体験に行くことができます

陀はずみ車:スイスのブランドは陀はずみ車の追求について本当に気違いのような程度に着いのでことがあります。あなたは私をしてもします;あなたは平面をして、私は2の軸のをします;あなたは2の軸のをして、私は3軸のをします;あなたは立体のをして、私はこまの式典のをします。あの時間は表すのが真是のがさわやかなことを見て、ひとつのはひとつのより複雑で、1つ対ひとつのがまぶしく刺すのがクール。この開発コストが打って入っていったのに知らなくなった後に帰って元金に帰っていません。