伯爵の超薄のチップ

超薄を言い出すのがと透かし彫りで、みんなは恐らくすぐ伯爵の自分で作るチップまで(に)連想します。伯爵は1957年に9P超薄に誕生して手動で鎖のチップの宣告する伯爵の超薄の帝国のご光臨に行って、チップの厚さの2ミリメートルだけ。その後1960年に12Pチップを出して、その厚さの2.3ミリメートルだけ、世界の最も細かくて薄いのが自動的に鎖のチップに行くのです。伯爵は共に25モデル高級の表を作成する坊の研究開発する超薄のチップから出して、その中は2重の世界記録の1208Pチップを創建し営みを含みます。このチップは現在のところの全世界の最も細かくて薄いのが自動的に鎖の機械のチップ(厚い2.35ミリメートル)に行くのなだけではなくて、最も細かくて薄い腕時計の作品(5.25ミリメートル)です。