千元の都市の運動風のカシオG-SHOCK GA-500シリーズの腕時計

G-SHOCKを言い出して、大部分のネット友達のすべて明らかなそれを信じるのは島国CASIO所属の自主ブランドで、しかしそれに名前の由来を聞いて、そして明らかなのが多くないをの予想します。1981年、CASIO研究開発部門の1名の従業員は父の彼にあげる腕時計をうっかり壊して、悲しんであまりは彼が志して1モデル研究開発してアンチ・ショック機能の腕時計を備えて、至って1983年に第一モデルのG-SHOCK腕時計を出して、G-SHOCKブランドの中でGは代表するの重力で、伊は重力のコントロールを突破したのを指して、SHOCKは代表するの衝撃で、二者が1つにして腕時計を代表している重力に反抗して免除して傷つけることができます。そのため、人々はG-SHOCKについて特殊な認識、それはつまりしっかりしている(nai)強く(cao)がありました!

G-SHOCKは人の安全な感覚に以外、それもすこぶる若い人の好感を受けて、これは主にそれによってたくさんの流行元素を腕時計の設計の中まで(に)加入して、今年9月出すテーマのシリーズを持ちにとって、コアオレンジのうわべは流行っている街頭の文化を代表していて、若い人に衣服を着る装いの方面でまた多くなって選ばせます。同様に9月出す新作がYOUTHシリーズの中のGA-500腕時計がまだあるのです。

テーマのシリーズとと違い、GA-500シリーズのメインのは都市の運動風です。ちょっと待って、“都市の運動風”のこの語は私はどのように自動車の領域でも見たことがあるようですか?きめ細かくよく考えるとのが都市SUVこの車のモデルがあるようだて、その設計の理念は一部のスポーツ性能の外を保留しているので、いっそう都市の道に適合して、きめ細かい1は類のSUVを去勢しなくたくて、しかし幸いに値頃で、それとも外形が販売量の上でまたクールのがだから、良くて、後ほどG-SHOCKを考えるとのが都市SUVとぴったり合っているようで、千元の価格、運動風のうわべだと言えて、いやいやながら価格性能比の手本と称する資格がありました。

全く新しいGA-500シリーズの腕時計は霊感に都市が運動するのを設計するにして、G-SHOCK全く新しいゴムの成型技術を採用して、独特な流線型の外観を創造して、ハーフバックの流行する大きいのは殻設計と独特な十字を表して時計の文字盤を分割して、理念を道路の競技用の自転車の歯車が改装するのを設計するにするので、腕時計の中まで(に)取り入れて、全体の外観が簡潔に気前が良くて設計を失わないで思って、ハーフバックの流行とスポーツの風格に解け合って、落ち着く特質とスピードは思って完全に現れます。

G-SHOCK YOUTH GA-500外観は落ち着いてシンプルな設計を主なにして、全く黒くて全く白いの赤黒い3種類の色の親子集合選択を提供しておよび、少し全体の時間で全て銀色の3D立体を採用していつも表示して、腕時計のバンドは更に運動する服装あるいは部品の上の網の目の生地を溶け込んで、心地良いのを提供して空気を通して思って、更に多元のスポーツの風采を加えて、腕時計のバンドに色を合わせてもう永久に変わらなくありません。

時計の文字盤の上の十字が設計を仕切って明るい青い、オリーブグリーンと赤色が現れて、全体のに呼応して色を合わせて設計して、その他にGA―500全シリーズはCASIOゴムの成型技術を利用して、ポインターは金属のゴムの材質をまねるため、良い視覚効果があるだけではなくて、更に読む便宜性を高めました。

GA―500シリーズは3D各方面の表面を提供して液晶の表示に反転してポインターの両と機能を現しを搭載して、閲読時間の情報に便宜を図って、すべてのファンクションキーは傾いて縮小する設計、計略とのが接触するのを減らして、増加が使うのは快適で適度で、6時の方向の大型の押しボタン、高速のスタートあるいはストップコードは自慢話をすることができて、このシリーズはまた(まだ)配備して訓練の中の機能に適用して、実行時間の知らせの指摘、強化訓練の時間の正確率を設けることができます。

型のウィンドウズをあおいで多機能のためにポインターと液晶を跳びに逆らって表示して、そして特に双成コイルのモーターを採用して、ウィンドウズの機能に運営を切り替えるのがもっとなめらかにならせて、最も親密なポインターは設計を移動して、時間単位の計算を使って機能に関連している時、ポインターは手動で液晶地区をよけることができて、使用者に各種の情報を読ませる時いっそう直覚と便宜。全シリーズの耐震は、200メートルの外で水を防いで、また(まだ)時間単位の計算を搭載して1/100秒に表は、サイクルコンピュータ、グリニッジ標準時を後ろから数えるのを積み重ねて、そのMサイズは特に実行時間のやかましいベルによく合って機能を気づかせるのを表します。