よく命じる彼のようだ表して、どうしてウサギを連れていてスイスに行きます

私は感じて、あのようながよくよく腹の中まで(に)表すのではなくて、はかりの分銅の固く決心をした人を食べて、くれぐれも単独で表を作成する師が要りません。単独で表を作成する師が1つの見たところ比類がない誉れため、きらめく金色の光で、実際にはさんざん苦労して、投入が巨大で、お金の商売を儲けにくいです。

多分言えて、F.人がいますP.Journeは多くのお金を儲けたのではありませんか?確かにこのように、彼が有名なためです。しかしいったい全部単独で表を作成する師の輪の中にいくつ(か)がF.に似ているかがありますP.Journeこのような人ですか?

私達の国家の時計の業界はこのように情況であるようです:数量はあって、しかし品質はまた(まだ)及ばないです;人材はあって、しかし育成訓練してまた(まだ)及ばないです;職務はあって、しかし待遇はまた(まだ)及ばないです。もし…、我が国の全体の時計のレベルとスイスなどの国家は比べて弱者の地位があって、それでは我が国の単独でが表を作成するのが弱者の中の弱者です。

多くの人は大きいブランドの售後部門の仕事の長年けれどもで、しかしただだけ表を作成する中のある一環、彼らは単独で表を作成する師になることができません。単独で表を作成する師は表を作成する多い工程を掌握しなければならなくて、“百科全書”の類の時計の知識を備えなければなりません。中国でこのような1つの時計業は発達していないで、その上速いお金の上調子な社会を儲けるのを重んじて、単独で表を作成する師になりたくて、口で言うほど容易ではありませんか?単独で表を作成する師の難度の珍しい高になるため、その上難しい短期利潤をあげて、時計技術をやる人が圧倒的多数のただメンテナンスだけをします。表を作成しと比較して、メンテナンスが儲けが大きいのが速くて、多すぎる投入をも使いません。

だから、想像することができて、中国は単独で表を作成する師の郭鳴はいっしょに今日まで行って、どんなに苦難に満ちているです。

約6,7年前に、私は郭鳴を知っていました。当時、彼は主に時計に従事して補修して、まだスイス表を作成する大家FrankJutziに礼拝していないのが単独で師で、更に単独で表を作成する師に参加して力を合わせる(AHCI)ができるのを申請していません。

その時彼の私にあげる印象は時計に対して情熱を満たしたのでした。時計の話題まで(に)おしゃべりして、彼の2つは全て放して、よどみなく、ブレーキをかけてすべてブレーキがかかりません。彼の言ったひと言は今なお今なお記憶に生々しいです。“私の理想が後で単独で表を作成する師になるのだ”。正直に言って、当時、私はただ聞いて、心の上で置きません。本当に多すぎのがきれいなことに会ったことがあるため、しかし事はとてもみっともない人をします。

郭鳴は手元(体)に中国人の中に珍しい理想主義の色がいて、更に着実な行動があります。彼は数年の努力を使って、証明して言うだけでありません。バーゼルにあるから展を表して偶然にFrankJutziに会って最終まで(に)彼を師にして、郭鳴はたいして違わない2、3年時間を使って、それからまたFrankJutziがスイスベルン郊外のにWichtrachが系統的に学びを表を作成する行きについて行って、その後単独で表を作成する師になるために頑丈な基礎を築きました。

合格の単独での表を作成する師になりたくて、もちろん技術レベルが重要で、しかしまだ足りない技術があるだけ、設備ももとても肝心です。このため、郭鳴は巨額の資本にスイス、ドイツなどから設備を買うように責めるのをいとわないで、これらは設備の上のお金で投げて、ほとんど傾いてそれすべての、しかし郭鳴はこれまで後悔したことがありません。彼からすると、自分の好きな事をすることができて、自分の夢を実現する機会があることができて、すべて値しました。

郭鳴はもっと多いお金を儲ける機会がないのではなくて、しかし彼はずっと人柄と処世の原則を第1置いて、金が儲かって第2置きます。彼からすると、少なくむしろ金が儲かってもよくて、自分の良心にも背くことはできません。そのためいくつかの金が儲かる機会を逃したが、しかし郭鳴はしっかりと守って道徳的なアンダーラインに住みました。更に殊勝で、彼が数十年1日時計技術のこの道の上で着実にの前で行のようだ寂しさに耐えられることができるの、です。

去年、郭鳴は手作業の作る陀はずみ車の懐中時計でバーゼルに見得を切て展を表して、光栄に世界のトップクラスになって表を作成して組織します――単独で表を作成する師はできる候補の会員に力を合わせて、彼も現在のところがの中で最も若い中国単独で表を作成する師に力を合わせるです。今年、バーゼルが展を表す上に、郭鳴は持ってきて中国の神話を創作のインスピレーションの腕時計にします――“嫦娥奔月”。