AndroidWearは更新しませんか?以前にGoogleは大きい手を抑えています

以前GoogleがAndroidWear2.0バージョンが発表するのを遅らせるでしょうを宣言するため、1度業界AndroidWearOSの運命に対する心配を誘発していて、甚だしきに至ってはこの知能腕時計のOSが恐らく天寿を全うするでしょうと語るデマがあります。今見たところ、Googleのが遅らせるのはもしかすると事の起こりには原因があったのです。

近日、知能腕時計のOSは企業Cronologicsを創始して公式サイトで公告を発表して、すでにGoogleに買い付けられたのを宣言して、未来AndroidWearチームに参加して知能しかし服装のOSの研究開発に引き続き従事するでしょう、しかし決して取引金額とその他の細部を公表しありません。

Cronologicsは公告の中で書いて、“私達のGoogleがAndroidWearの使命に対して全く持っているとような認識、私達はGoogleの新しい同僚を期待していてと協力して、共にしかし服装設備のプラットフォームをコントロールする発展を進めて、AndroidWear2.0後続バージョンの研究開発を進めますおよび。”

Cronologics会社は2014年に創立して、知能しかし服装設備のOSの研究開発に集中して、主要な製品は1モデルのCronologicsOSという知能腕時計のOSで、このシステムはAndroidに基づいて注文して作らせて、同時にiOS設備とAndroid携帯電話の設備を支持することができて、以前はのバージョンの中で、このシステムはまだ内部の集めてなったアマゾンAlexa音声の助手機能にあって、ユーザーは音声を通じて(通って)交互に多い操作を完成することができに来ます。Cronologicsは以前ハードウエア会社とiMCOは協力で1モデルのCoWatchという知能腕時計を出しのでことがあって、CoWatch運行したのはCronologicsOSOSで、この製品は精巧な外観に頼って手っ取り早いコントロールと体験して、ひとたび広範な好評を受けたのを出したなら。

その他に取り上げる価値があったのは、Cronologics会社の3人の主要な創始者はLanRcohe、LeorSternとJohnLagerlingはすべてGoogleで職務についのでことがあります。

外国のメディアの評価は、今回のGoogleがCronologicsを買い付けるのはこの会社の適配アマゾンAlexa音声の助手の時蓄積する経験に助けを借りるのを望むので、と語ります、AndroidWearはGoogleの自分のGoogleAssistantと更に深い融合を行って、一方ではAndroidWear音声交互にの中の体験を高めることができて、一方もGoogleAssistantともっと多い第3者のソフト・ハードウェアメーカーの協力を促進することができて、甚だしきに至っては必ず程度の上でもたとえばのGoogleHomeなどのハードウエアの販売量を引けることができます。

Cronologicsは主にGoogleの前任の従業員から構成するのですが、しかし彼らはただAndroid決してだけではないにの着眼して、以前この会社はCronologicsOSの技術をiOSプラットフォームの上でAndroid外の設備、に広げるのを甚だしきに至っては望むと表しのでことがあります。しかし今すでにGoogleに買い付けられたため、この構想はもしかすると実現することができないでしょう。