知能腕時計の市場が込み合います

今の知能腕時計の市場はすでにとても込み合って、たとえばアップルはAppleWatchを出して、市場は積み上げてAndroidWearの知能腕時計の製品に基づく一大がもあります。

聞くところによると知能腕時計の市場の現在のところの情況はとてもまずくて、販売量は急激に下がります。市場調査会社IDCによって語って、知能腕時計は商品量を出して同時期と比べて50%以上減らしました。このようなで状況で、VectorWatchは選ぶのは自分で売り出して別に不思議ではありませんでした。

大概は1ヶ月の前に、Pebbleは会社が閉店して店をたたむでしょうを宣言して、Fitbitは機会に乗じて出してその一部の資産を買い付けて、その研究開発チームを含みます。今、FitbitはまたVectorWatch収入の部下を、これは更に会社を説明して自分の研究開発の力を強めるつもりです。

VectorWatchは声明中決して明確でないに会社が閉めるでしょうを指摘して、しかし、ソフトウェアのプラットフォームと研究開発チームを売り払った後に、それはまた維持し続けにくいです。会社は声明中で表して、それは取引先達の需要を引き続き満足させるを、取引先達の出すVectorWatchの各種の疑問に関してに解答します。会社は製品の修理保証期間の内で引き続きを取引先のために支持サービスに提供するのを承諾します。

面白くての、VectorWatchはまた(まだ)会社が知能腕時計の製品を引き続き販売すると言って、もしかするとその意味は会社はすべての在庫品がすべて売り終わるでしょうでしょう。