3は腕時計の黄金時代を聞きます

20世紀以降に入って、機械的な部品の超縮小化で大幅な進展を得て、パテック・フィリップは客制化の3を受けて注文書を表しを聞きを始めて、そして一連できんでている3に誕生して腕時計を聞きます:

1916年、パテック・フィリップは1モデルの5分の時間を知らせる腕時計をプラチナの金によく合って殻を表して、10だけ法の分ける機械的なチップを搭載して、そして腕輪式の時計の鎖を採用して第1モデルの時間を知らせる腕時計を製造して、これは付いていてD.だけのために芸術の風格の一里塚式の腕時計を飾りますO.Wickham夫人は製造します。百年の歳月の洗礼をしばしば経験した後で、豪華で、精致な時間を知らせる腕時計は伴っていて式のつるつるな竿のスタートに隠れて、依然としてすばらしいのを出して時間を知らせて鳴り響くことができます。

1924年、パテック・フィリップは1人の両眼とも失明する米国の自動車の技師のために1枚の3を作って腕時計を聞きます。RalphTeetorは両眼とも失明したけれども、しかし彼はやはり(それとも)1名のすばらしい技術専門家になって、併発して必ず速く巡航装置をはっきり知っています。1925年、彼がこのパテック・フィリップの3を買って時間を知らせて表しを聞きます。この腕時計は2001年にパテック・フィリップに買い戻されて、そしてパテック・フィリップの博物館の中で重要な展示物の中の一つになりました。

1925年まで着いて、3は時間を知らせる腕時計にだんだん常規の生産する段階に入りを聞いて、そして大部分がそれから3の時間を知らせる腕時計設計を聞く原本になります。この時期の表を作成する業の愛顧は12法の分けるチップをで27ミリメートルの(どうぞ時計の殻の直径が間違いがありを否定するのを知っているのを確認する)の表す殻に入れて、腕時計の鳴り響く構造が最も完璧な効果に達するのを確保して、そしてこの基礎の上で殻の厚さを表すのため使って、つけるのに影響しません。同時に、1930年代に芸術の風格のを飾って下を風靡して、貴金属のデザインの腕時計は殻設計の上で大部分がクッションあるいは長方形を採用して殻設計を表しを表しています。第2次世界大戦の後で、思想の文化とのは広い範囲で解放して、人々はすばらしい生活したのが景をあこがれて望むについて、服装、アクセサリなどにも影響していて設計を革新して、当時の3時間を知らせる腕時計を聞いて、円形を主なにしてそしてそれからの3に対して設計を表して重要な影響がありを聞きを始めます。