宇宙の外の宇宙の世界は時間と空間の哲学について考えます

BOVET 1822の時計の文字盤を製造する技術師の今年選択して使用する第2種類の材料も光り輝く星空とと関係があります、2017シリーズの中の数モデルの腕時計は皆隕石の材料を採用しました。毎年地球の隕石の数量に落下したけれどものが多くて、しかしその中は表を作成する業の使う“隕鉄”の数量にただ総数量の2%だけことができるのを占められます。不幸での、その中のサイズが十分に時計の文字盤の数量を製造するのが更に少なくなりました。地球の上で表を作成することができて業の使う隕石の総重量は10数(何)㎏しかないと予想して、これらの隕石は大部分がとても大きい天体(直径少なくとも数百㎞)の核心から来ました。威の時計の文字盤の選択して使用した材料を放送してナミビアから来て、通常は良い丙の隕石(発見場所の近くの村の名称)と称させられます。隕石が落下する前の見通しの重さはまるまる26トンあって、1838年に発見させられてから、周囲の数(何)百キロメートル以内は何度もかけらに散りを発見して、しかしその中は少数だけあってきわめて表を作成して業使うことができます。

隕鉄は鉄とニッケルから構成して、良い丙の隕石は同時に微量のコバルトと燐を含みます。隕鉄は地球の大気圏の時経験した高温と冷却速度に入って独特ないくらの結晶構造を作りました。これらの構造は魏徳曼の模様と称させられて、隕石の独特な外観と身分が認証するです。隕石は加工して売り払った後にを通じて(通って)、酸浴をも受けてその独特な模様が現れなければなりません。数量を割るのがまばらで、外観が独特な外に、隕石は更に豊富な象徴性の意味を持って、人に宇宙の始まる神秘を連想させます。歴史の上で人類の文明ごとにすべてこれが地球から来た外の金属のために夢中になっのでことがあります。人類は隕石の1番早い陳述に対して西の元の最初の1478年のケリー特に群島まで(に)さかのぼることができて、ギリシア人は隕石の中の金属を使って神聖さの宝物を作って、エジプトのツタンカーメンの墓の中で鉄隕石のあいくちに出土しのでことがあって、メッカカーバの黒い石も隕鉄のからつくったのだと思われて、ボタンは特に人も隕石がに落下するためですため鉄の元素を発見しました。

良い丙の隕石となると、私達はそれが大体先史の時期地球まで(に)落下するのを知っていて、しかし専門家達は適切に時間に落下するのを判断することができなくて、私達はそれがたぶん私達の太陽系と同じに悠久の400億年長期―歴史がただあるだけを知っています。20世紀以降に入って、物理学者達は空間―時間に着目するのを始めて、同時に第4次元(ただちにの間)と3次元の間の分けられない連絡を発見しました。数百年来、隕石の出所はずっと科学者、哲学家、に甚だしきに至っては全体の社会の文明、宗教学家と物理学者がこのために謎を書かせて、そして私達のために時間と空間の間の無限な関連を掲示して、多くの人に隕石の存在便を信じさせるののは永久不変の証明です。隕鉄が巨大な象徴的意義を含むため、それに比べて更に私達を表現して時間の時計の文字盤を理解することができるのを作る適合するどんな材料がもありますか?