スピードと激情のタイ格HOYAMonza40周年の復刻版の腕時計を享受します

1976年、タイ格HOYAはその時ためにフェラーリの世界チャンピオンの運転手NikiLAUDAに力を尽くしてからだを量って1モデルの時間単位の計算を製造して時計を積み重ねてことがあって、その後“MONZA”の字形は初めて時計の文字盤上で現れます。40年隔てている後に、タイ格HOYAはまた改めて復刻版の腕時計を出して、すべてで黒い時間単位の計算は時計が脈拍を配備して計算を(測量の動悸の周波数)、スピードを測る目盛り(換算時間のスピード)積み重ねて、および満たして速く雰囲気の赤色の時間単位の計算皿とポインターを競って、見るもの聞くもの全て新鮮に感じられます。

2016年に復刻版は改めて2つの重要な腕時計機能に組み入れて、つまり脈拍は計算してスピードを測って目盛り(歴代復刻版が配備していなかった)、そして原版とと同じフォントを採用します。当然で、初めて有名な枕の形に代わって殻とすべてで黒い色調を表しをも踏襲して、更にオリジナルによく合ってとぴったり合っている黒い白色の漆面の時計の針と分針を表して、忠実に原状に復する傑作。復古するSuperLuminova橙色の夜光の時に表示してもその中に参加します。同時に、時計の文字盤の上で深く歴史的意味のHEUERを備えて更にブランドのクラシックのシリーズに今なお伝承するように代表しているのを表します。

以前の製品と比較して、殻を表して重さに変更して使用して更に軽くて、更にぶつかる5級のチタン金属(以前ステンレス製のため)に耐えて製造します。炭化チタン処理を通じて(通って)、黒い2色かぶり面の質感に突き出ます。小道を表して特に42ミリメートルの(その年39ミリメートルのため)を増大します。腕時計がアクセサリーを掛けて縫う黒色のすべての粒面の小さい牛革の“superracing”の腕時計のバンドがあって、その時の自動車の3孔のハンドル設計を回顧します。

内部はCalibre17を搭載して自動的に鎖の時間単位の計算のチップに行って、3時にと9時に方向は2つの時間単位の計算皿が設置されています。ねじ込み式の底がかぶせて刻む有名な赤色の漆面HEUERすばらしい標識があって、そして彫り刻んで独立します通し番号。当時HeuerMonza腕時計今なお依然として収集家の合い争って収集する貴重な品。

40周年紀念の型番はCR2080.FC6375で、殻を表すのはと小屋のすべて採用したのを表すそしてチタン金属の材質が炭化チタンの上塗り処理を経るので、直径は42ミリメートルで、黒色の太陽の紋様の時計の文字盤、復古Heuerを印刷して表しをおさえて、時計の文字盤は“MONZA”と“AutomaticCalibre17”の字形を印刷するのをおさえて、Calibre17は自動的に鎖の時間単位の計算のチップに行って、備えて期日表示して、“15回の脈拍が脈打つ”を部門の脈拍の計算する目盛りは(第1の下で脈拍が脈打つ時にして時間単位の計算を始めて、第15の下ので時)変換時間スピードのスピードを測る目盛りを停止してと、両面は光が反射することを防いで磨損のサファイアの水晶の鏡映面を抵抗する、精密な鋼を売り払って冠を表してHeuer標識を彫り刻みます。

ねじ込み式の底はかぶせて“MONZA”および、復古”を彫り刻みます HEUER”字形、および、“NoXXXX”の通し番号、100メートル水を防いで、黒色のパンチする小さい牛革の腕時計のバンド、霊感を設計して復古のハンドルに源を発します。