傑の森のステインの森と彼の心から愛している腕時計

傑の森のステインの森はイギリスの有名な男優で、彼の多くの映画はすべて人に熟知させられて、《非常の人が仕入れる》シリーズに似ている、《怒りが改心させる》シリーズ、《決死隊》シリーズなど、みごとに一つ又一つの強硬なスクリーンのイメージを形作りました。実は彼も1人のよく表す人で、その上彼の選んだ腕時計は彼のスクリーンの上が如実で同じで強硬だ、私達にとと一緒に彼の腕時計を見てみるのに行きます。

決死隊の友達を見たことがあってすべて知っていて、これらの硬骨漢は盛んな刺し縫いする海のこのブランドについて夢中になったので、決死隊の2の中で彼らのつけた盛んな刺し縫いする海はすべてスタローンが送ったのです。これを投げ捨てて話さないで、傑の森自分で主演する《非常の人が仕入れる》の中でつけたのも盛んな刺し縫いする海の腕時計で、これがすぐれた人の見解は大体同様であるだと言うことができます。

万国の大は飛んでも丈夫な風の腕時計に属して、傑の森のこのような太った人にとってたいへん適合します。その上の上で図の中の大が飛ぶのは万国のパイロットの中ですばらしい7日の鎖で、売価は10万ぐらいが要して、大きい映画スターにとってこれはつまり取るに足らないただようなだけ。その上傑の森はずっと人々の残す印象に1人が自分の味わった動作のスターを持っているで、この腕時計もとても彼の風格に合います。

今年の決死隊の3の中で、傑の森も出演して、かつつけるの盛んな刺し縫いする海の腕時計で、ずっと盛んな刺し縫いする海のスタローンを特に可愛がって途中でリチャードとミラーを交換していました。小さく編んでこれが第1回がスクリーンの上でリチャードとミラーが見えるのだと思って、傑の森の主演する《パーク》中でこのブランドの腕時計をつけたことがあってことがありに思い付かないで、傑の森のステインの森とスタローンは見たところこれは組み合わせるのに対してまた(まだ)本当にとてもリズムに合ってで、腕時計のブランドさえこのように一致します。

実はこれらの腕時計があるだけではなくて、傑の森は日常生活の中でまた(まだ)パテック・フィリップのオウムガイをつけたことがあってことがあって、銀行の大きな災難案の中でつけたのはHOYAのモナコで、腕時計の称賛のレベルの10点(分)の高に対して傑の森にわかります。