ランゲの1815の音楽界との発明

ランゲの製造する1815腕時計のシリーズ、人に思わずその年ドレスデンで生まれた薩克森の精密な表を作成する業が人を作りに始まってなんじのディナンの多い・アドルフ・ランゲがかかりを思い出させます。彼の設計した精確な懐中時計、現代の精神を開始するのを反映します。1815年に初めて見得を切る拍子器の便はその中の一つの発明です。これはベートーベンにとって絶対に楽しみです。この“音楽家の腕時計”はもっと彼の作曲した偉大な曲は感動させるリズムを追加します。

ジョン・尼波穆克・梅はなんじ(Johann Nepomuk Mälzel)約2百年拍子器を発明します。1815年、なんじのディナンの多い・アドルフ・ランゲ生まれる年がかかるのもで、梅はなんじを採取して知的所有権法に基づいてその声楽の時間単位の計算と拍子の道具のために特許を申請します。この装置のスプリングの駆動したぜんまいは動力を提供して、直立する振り子ずっと揺れ動くことができます。金槌の上でひとつの設置されていて滑りの振り子を調節して上り下りすることができるのを並べるのが重くて、目盛りは設定が周波数に揺れ動きに役立ちます。昔、作曲家はどうしても直感に頼って必ずリズムを予約しなければならなくて、今いつでも拍子器に助けを借りて正確に快板、遅い板あるいは、プレストを繰り返すことができます。

ベートーベンは最も早く楽譜の中で拍子器の標記する作曲家の中の一つを使うので、彼も公然と梅になんじの発明を採取するように支持しのでことがあります。彼にとって、拍子器は来て時宜に相当しています。1815年、彼は初めは第九交響曲を作ります。この史詩式の傑作の中の有名な楽章《楽しい頌》(OdetoJoy)は今後更に交響楽の手本になっていました。この曲は1824年に初公演する後で獲得して激しく賞賛して、大体で、彼は栄誉を拍子スピード(metronomisation)によります。出版会社のの手紙の中で書いていて、ベートーベンははっきり彼のこの“音楽家の腕時計”に対する重視を表現します。彼は中指のその拍子器の“運営がよくない”を信じていて、“時計の職人から重く規則のリズムを設ける”を必要とします。こちらの偉大な作曲家はいつも力の臻を維持して良い精神に着いて、これっぽっちとランゲの表を作成する大家はと1轍を出しと言えます。彼らは成功の調子の学校の腕時計の前に同様に決して捨てるのを言いなくて、速さがいつも精密で正確なことを維持することができるのを指定するのを確保します。

支えて1815 RATTRAPANTE PERPETUAL CALENDAR腕時計を置いておきをと指揮します

ベートーベンの第九交響曲の楽譜、ドレスデンの森ハンカチオペラ劇場で撮影します

全世界の十大最優秀オーケストラがのドレスデン国家のオーケストラが(TheStaatskapelleDresden)に位置して、首席でクリスティと安・蔕にマン(ChristianThielemann)のを彫って下へ連れるように指揮してもベートーベンの作品を演奏するのがいます。1815UP/DOWNと1815 RATTRAPANTE PERPETUAL CALENDARの宣伝の写真、便は森ハンカチオペラ劇場での指揮が撮影を支えるのです。この2モデルの全く新しい1815のシリーズの腕時計、拍子器とベートーベンの第九交響曲の楽譜と並んで置きます。いまどきになって、これらの作品は依然として現代精確な厳格な精神に努めるのを体現します。