HOYAの今年出す磁力の両陀はずみ車システムが受けて技術の発明に注目してどんなの霊感に源を発します

まず、今年私達は6年来の発明する技術を向こうへ行きをひとつのしてとりまとめたいので、そのためこの磁力の両陀はずみ車の腕時計(MikroPendulumS)を出します。技術から言って、それは前の両陀はずみ車の時間単位の計算の腕時計(MikroTourbillonS)の基礎の上で2つの磁性に参加して車輪を並べて、伝統の空中に垂れる糸に取って代わって車輪を並べるのに用います。その他に設計上で両陀はずみ車の時間単位の計算の腕時計(MikroTourbillonS)と2012ジュネーブの時計を総合して大きくて“金のポインター賞”に腕時計(Mikrogirder)をこれを表す特徴を与えてモデル、最終私達の見たこの腕時計(MikroPendulumS)は前を回転した90°に両陀はずみ車の時間単位の計算の腕時計に行うようで、6時の位置の2台の調速機の上に2つの陀はずみ車があって、左側は日常幸運なことを(12HZ)担当して、右側のは時間単位の計算機能(50HZ)を担当します。それによって私達はこの磁力の両陀はずみ車の腕時計が実は6年来の技術を向こうへ行きを設計と1つの全般的な集合にしたのを見抜くことができます。