きらきらと美しい秋彼女に1モデルのきらきら光るドリルの時計の文字盤を送って

きらきらと美しい秋彼女に1モデルのきらきら光るドリルの時計の文字盤を送って、よくあらゆる天体の煌びやかで美しいのです

歳月の転々とするのであろうと、時間の経過は歳月のきらきら光る腕時計の時計算して親密な夫になって1部の永久不変の誓いの言葉を約束するのに飾りを添えます。

ブレゲのナポリの王妃のシリーズ

ブレゲはナポリの王妃のシリーズの昼夜のディスプレイリストのモデルを出して、精密なメカニズムであらゆる天体日を賛美して夜で継いで転々として激しく変わります。ブレゲの深い機械の専門技術は同様に獲得して十分に現れて、この腕時計がナポリの王妃のシリーズの製造するチップだけのために搭載したためです。分と時間を指示するを除いて、この腕時計は別にひとつのが時計の文字盤に協力して昼間と夜の時間を表示することができるあって、独創性があります。青の金石の円盤の上に1ラウンドのチタン金属の製造する明月がまだあって、車輪のを並べて面へりを刻んできらきら光る光芒に反射していて、太陽の運行の軌道を象徴します。このような“日光”は振り子によって1日の中に順番に当たってアラビア数字の時輪の中のスポーツの軌道に合って異なる変化が発生するのができて、至って日が沈んだ後に潜ってこのディスプレイ装置の鋼の板橋の下を支えます。円盤の上に装飾は真珠の雌の貝がいて、雲のかたまりときらめく無数の星を代表します。

Tonda1950腕時計

Tonda1950腕時計の優雅なのがダイヤモンドの時計の文字盤のを埋め込みして惑わしにいっぱい出会う時に、魔力は瞬間開放します。“常規を転覆する”の伝統を踏襲する同時に、今回のParmigiani(ハンカチの瑪の強い尼)の設計は力を入れて突然でダイヤモンド元来本当にまた少しの静態の美感を現して、目的のモザイクタイル式の配置をまぶしく刺してこれらの並外れている宝石のために生命を注ぎ込みました。Tonda 1950のシンプルでなめらかなアウトラインの線、各種の外観とすべて調和がとれている共に解ける時計の文字盤、ハンカチの瑪の強い尼の風格の精髄を体現しています。このようなに突き出るのが絶対的なために優雅で、ハンカチの瑪の強い尼はクラシックのラインストーンの時計の小屋の基礎の上で、Tonda1950Clarityを製造してすべてで腕時計をあけて、ダイヤモンド設計する主役になって、腕時計の華美な風格のためにまた1筋の活力を増やすのがとはなやかです。

Tonda 1950Clarityはすべては腕時計をあけます

Tonda 1950Clarityはすべて腕時計のこのをあけて構造の理念を象眼して精致で複雑でしかも活力が四方に放って、再度ハンカチの瑪の強い尼の非凡な創造力を実証しました。時計の文字盤のダイヤモンドの総計を飾って620粒の(いつも重い2.495カラット)に達して、表して象眼するダイヤモンドの総計を閉じ込めるも84粒の(いつも重い0.6460カラット)があります。

Tonda 1950Clarityはすべては腕時計のバラの金をあけて表します

Tonda 1950Clarityはすべてが腕時計のバラの金をあけるのは殻の組み合わせを表すとバラの金の材質の時計の鎖で、非常に豪華な全体の効果を表します。プラチナはモデルを表して真珠のバイモの色の小さい牛革の腕時計のバンドによく合って、このような皮質のできめ細かい光沢は冷やかで美しくてモダンな外観を作りだします。もう一つの装飾は図案の真珠のバイモの色の小さい牛革の腕時計のバンドを印刷するのをおさえるのがいて、更に突然女性のしなやかで美しい魅力を現すことができます。