質を高めるのは守る品質の自信に対して

あれらを向こうへ行って、時計のブランドは自分の生産した腕時計に対して、ただ1年、2年の質だけを提供して守って、多い3年、電子時計はかえって5年のがあります。必ず国際上の製品の品質の関連の質を守るのが守らなければならない標準的な以外、機械の腕時計はとても精密な製品として、実は長い質をやり遂げて守りたい容易ではない。普遍的で、今ブランドは皆チップに対してただ質の守る承諾だけをして、外観の件が質が守る範囲内で普通です。機械のチップは1つの克服できない問題があって、正常に状況でで、それは年間持続的に運営して、一定内部を持ってきて損耗して、時間長くなった損耗は増大して、、この周期、過去が3年左右を故障が起きやすいです。3年ぐらいで、機械のチップは自ら損耗が現れて、問題がしきりに出るのを招きます。

その他に1つの問題は、腕時計は過程で生産して組み立てていて、部品の品質の自身が恐らく問題があるため、正常に中を使って機械故障が現れる、と生産する1万の部品を決裁(添削,批判,注文)する中で、またどんな品物が訴える、も100%までやり遂げにくくて問題がない、このほんの少しの問題、後が正常に使うのが過程で、持ってくる面倒です。これは理解しやすくて、同一のブランドの同一の型番の2匹の時計、あなたが鎖に行ってすべて恐らく異なると感じて、幸運な誤差も異なります。

機械の内部の損耗する出現、いくつ(か)の原因があって、まず潤滑油が長い間使ったのになった後に干上がっていて、その次に歯車がどうしても摩擦がいくつかの微小な金属のくずが発生するため間を運営するので、買いだめして内部でまたもっと多い磨損をもたらして、最後は外部の原因の招く内部が損耗するので、たとえば衝突は、ほこりなどに入ります。過程の現れる問題を生産するか組み立てるのとなると、予知しにくいので、ブランドの自身を通る品物は訴えて、基本的に多くの問題を落としてモデルを表しを濾過することができて、売り出して合格率を表しを高めます。

質を高めて守って、更に長い質で期の内で守りを意味して、出現の人為的ではない原因の機械故障を表して、ブランドは無料で処理するを。私の経験から見て、向こうへ行く、機械が3―5年のこの期間を表内でそのため問題の確率はやはり(それとも)とても高くの、もしも品質を高めて、質をそのように高めて期限を守ることはできない1筆の大きいコスト増加を意味するのが現れます。だから、このような意味の上から、質を増加して期限を守って、まず品質の自信に対して。

事実もこのようにで、一回の質ごとに引き上げを守って、すべてブランドの一回の技術革命に伴っています。ロレックスは座って大量の革新の特許を囲んで、2015年にトップクラス天文台の認証を提供した後に、質を高めて守ります。オメガは2007年に自主的に軸のチップと8500/8501出して、ひどく受けていて質疑の中で心をこめて4年観察して、2011年12月末、オメガは自主的に軸のチップの腕時計と搭載するのを宣言して、質は48ヶ月の(4年)をあげるのを守ります。2009年にブライトリングはおして自主的にするチップを告発して、2年後に、ブライトリングは2012年1月1日から宣言して、搭載して機械的なチップの腕時計を自製して、5年の質を享受して守ります。2013年、スイスのローマも所属のすべての腕時計が5年の質を提供して守るでしょうを宣言しました。今年、アテネも加入して質の守る大軍を高めて、それのケイ素の材質に対する自信、いかなる1つのブランドに勝ります。