オメガの時間単位の計算の100メートルの短距離競走の試合中での運用

オリンピックの100メートルの試合の上で最も有名だとシンボル的な時間、ピストルの鳴り響いたのそれでは一瞬の間。今日、本当にの拳銃はすでにひとつのにライトガンと発声する箱の構成する流線型装置をよけるから取って代わられました。引き金は同時発生を動くあの15分、3件の事を差し引きます:出発する信号は時間単位の計算装置まで(に)順次伝えて、つやがありをのよけて起きて、発声してすべてのスターティング・ブロックと一連の外付けのスピーカーの中から出しを出します。スターティング・ブロックの中でスピーカーを設置して1名のスポーツ選手が同一の時間で出発信号を耳にするのを確保することができます。

まず記録しなければならないのはスポーツ選手の応答時間です。オメガはこのため1モデルのきわめて敏感なスターティング・ブロック、精密で正確な感応のいかなるかすかな圧力を研究開発しました。設計するべきだのも監視測定のフライイングする行為にとってとても重要です。

フライイングする感応器

スターティング・ブロックのはめ込む感応器は応答時間を測量することができます。スタートした後に、もしも設備は監視測定して応答時間まで(に)100ミリ秒より少なくて、システムはフライイングの信号を出します。

過程で試合していて、装備してさらに風速を測量するべきです。たとえば1人の試合参加の選手がある記録を打ち破るかどうかを決定する時、その試合の成績はただ風速で2.0メートル/1秒のが状況でやっと有効な記録ことができます。当然で、これは試合の結果に影響することはでき(ありえ)ません。

最後、終点のオンラインはその他に2つの時間単位の計算システムを設けました。監視カメラはスポーツ選手でゴール・ラインのあの15分をまたがり越えて効力を発揮して、それは迅速に時間単位の計算を停止してそして成績をテレビと体育館ので内での得点を記録する板の上で表示することができます。しかし、スポーツ選手の政府の成績はずっと毎秒のから10捕らえることができて、000枚の映像のオメガの光覚は終点のビデオカメラに応じて測量しに来ます。

終点画像
審判は終点画像によって最終成績を判定しに来ます。