博物の精鋭の目撃証言のきらきら光る歴史で

1775年のおじさんからめったにない–ルイ・ブレゲ先生(Abraham―LouisBreguet)を引き延ばしてパリで今なおブランドを創立して、200数年来ブレゲはクラシックの米の原則を伝承するのを維持して、無数で貴重な臻の品物を創造します。私達は帰ってブレゲ先生のつきあった時代彼の傑出している創造を目撃証言することができないが、しかし依然として今なおの骨董の時計に広く伝わる中からその並外れている才気をのぞくことができますと。7月30日、ブレゲの上海ランガム・ホテルの高級品店は15社のメディアを招待して、共に骨董を鑑賞する時計算する臻の品物、後の世まで伝わる傑作のむざむざ止まらない魅力を味わいます。ブランドの方はわざわざメディアのためにフランスからのワインを準備して、そして専門の講師にメディアを導いて後の世まで伝わる骨董を鑑賞するように手配する時計算して、1度と骨董の時計算するロマンチックな“出会う”の旅を開きます。

フランスからのブドウの美酒は思わず人にブレゲ先生とフランスのこの浪漫国家のとけない縁まで(に)連想させます――正にフランスでで、こちらの世界に名をとどろかした時計の大家はブレゲのブランドを創立して、彼の一生の表を作成する事業を開きました。ブレゲは更に特に酒の味ききをする人に美酒の知識ときき酒をする方法を伝授するように招待して、楽しみの甘美でこくがあるワインと同時に賓客を譲って、ブレゲ先生この浪漫国家での傑出している創造がことがありを経験します。

この上なく精巧で美しいワインを味わったことがあった後に、メディアはブレゲの専門の講師のが連れて下りてきて高級品店の2層のブレゲの博物館に着く、共通の臻の賞の館内の数の貴重な骨董時広大なブレゲの腕時計のファンの需要、館内に更に13の骨董の臻の品物が新たに増加するように満足させる時人をブレゲのブランドの歴史の深い詳細で味わって感服させるため計算して、、を計算して、2016年。上海の新天地の明るい廷の高級品店の内のブレゲの博物館に位置するのが全世界の第三間だのもアジア・太平洋地域の唯一のブレゲの博物館です。館内の飾り付ける骨董の時に計算してブランドの悠久の歴史を目撃証言していてブレゲと人に賛嘆させる創造能力を伝承して、高級の表を作成する業界の模範のブレゲとしてを表を作成する業界の偉大な影響およびに対して訴えたのに貢献するのが詳しく徹底的です。

専門の講師の奥深いがごく分かりやすい解説もメディアの友達にいっそうブレゲのブランドの伝奇的な歴史と巧みで完璧な技術を理解させます。イベント共に持続的に約2時間、メディアの友達がブドウの美酒の優雅でかぐわしいの中で骨董を探求する時計算して時間の並外れている魅力とブレゲのブランドの淵を通り抜けてはるかに長い文化を流して沈殿します。メディアがイベントを鑑賞して終わった後に、ランガム・ホテルの高級品店は同様にブランドVIP顧客のためにきき酒をしてと骨董の臻の品物のイベントを鑑賞するのをも手配して、多い顧客の支持を得るのがと確かです。