1948年の現代のスポーツの時間単位の計算の新紀元

1948年のロンドンの夏季のオリンピック、二人の米国のスポーツ選手は男子100mの決勝戦の中で10.3秒のが成績をリードするで試合を完成しました。 OMEGAはこのオリンピックのために取り入れて「悪魔の目」(Magic Eye)の全世界の第1台の終点のビデオカメラと称させられて、時間単位の計算人員に精密なように協力して必ずスポーツ選手達がゴール・ラインの正確な位置を越えるのを指摘します。イギリス競技終点記録会社(British Race Finish Recording Company)の研究開発した「悪魔の目」はかつて見たことがない精密な正確な技術を持って、はっきり金メダルと銀メダルの間のギャップを見分けることができて、それから、位置してもういかなる論争があるなくて、しかも機械の振る舞いは人類の肉眼の能力を越えるのを始めます。その後、2人の百メートルの競走する決勝戦の選手Harrison DillardとBarney Ewellいっしょにすばらしい邪魔はゴール・ラインまで(に)、しかも2HPTが記録するのがそっくりだすべて10.3秒で、しかし「悪魔の目」終点の撮影の影の機械の提供した画像を通して、審判をして最後にDillardが勝ちを宣言して、金メダルを勝ち取ります。 “悪魔の目”の終点のビデオカメラは時間単位の計算の歴史の上でスポーツ最も偉大な革命の中の一つで、それは近代的なスポーツの時間単位の計算の新紀元を開きました。そのため、機械はだんだん人力に取って代わって更に精密で正確な時間単位の計算の仕事に従事するのを始めます。