価値を保持してブランドに投資する材質に等しくないのは肝心な点です

時には聞く人がいて、どんな時計を買って最も価値を保持します。何を買うのが投資を表す最も良くて、ここで先に少し声明して、腕時計などに投資して価値が上昇することに賛成しません。価値を保持するのとなると、多くの人もすべて誤りがありを理解して、価値を保持するのは損害を受けるのを最低だまで(に)下がるので、つまり2腕時計が出る時不完全な値の高、そのほかに専売店の価格は依然として先高で、たとえこのような腕時計は比較して言うと比較的価値を保持したとしても。

だから普通な人は価値を保持する理解について落とし穴があって、価値を保持して損害を受けるのを最低だまで(に)下がって、いわゆる購入した後にまた出す価格と新型専売店の価格に損害を受けます。普通だ状況で、専売店の価格がまた(まだ)すべて計算するのが比較的先高で、だから主にやはり(それとも)中古の腕時計の価格を見て、ようやく腕時計の一体価値を保持したかどうかの効果を見抜くことができます。

本当の話を言って、大多数の腕時計の価値を保持する効果は良くありませんて、多くのブランドの腕時計はすべてこのように言い方があって、5割引を手に入れて、つまり恐らくあなたは1モデルの腕時計を買って、すぐつけていない、中古の腕時計として出しても原価の5割引に達することしかできなくて、このような腕時計に似ていてまったく価値の保持と言えません。

最も良いのはいつも有限で、この話は真理の中の真理です。もしも最も良いのは無限な複製にことができて、そんなにすぐびくびくする溶ける語にひとつのになりました。制限するのは人を引き付ける語で、平凡なのを複製するのがと見下げるに対して代表していて、金がありもいつでも買えるとは限らないをの代表しています。それはある程度持つ者のある種類の特権を証明しました。特権、必ず身分と地位と影と形のようにいつも離れません。制限して巧みに人々の潜在意識の中で敏感なのをそそのかしてを独占します。腕時計の価格の高が恐くなくて、もし1モデルの価値を保持する長青の腕時計まで(に)選ぶことができて、あなたに外を表してさらにいっぱい利益を得るのを遊ばせています。

腕時計が価値を保持したくてブランドの2を見てと材質を見て、それからやっと具体的なデザインに着いて、ブランドは腕時計の価値を保持する最も肝心な原因を言うことができて、ブランドを取り除いてたとえ材質、デザインまたとてもとしてもいわゆる価値を保持する効果に達しないで、ブランドはたぶん1匹の表の90%の価値を決定しました。これまでの毎期の時計のオークションの上で、ランキングに載ったのはすべていくらかのいくつかの高級なブランドの腕時計で、だからブランドの原因はとても重要です。

ブランドそのほかに材質を除いて、材質の方面の貴金属の価値を保持する効果は鋼の腕時計より大きくて、鋼の腕時計の価値を保持する効果は真珠や宝石類の腕時計より大きくて、真珠や宝石類の腕時計の売価はすでに向かい合うプレミアムがたくさんになったため、価値を保持する上から言って別に最も理想的な対象でない、その他のいくつかの新しい材質とマイノリティーの材質となると、経過時間の検査がありません。

最後はやっと腕時計の具体的なデザインの上に番になって、具体的に同一のブランドの同類の材質の腕時計の上に着いて、異なる価値を保持する効果もあって、だからふだん多く宿題をして、多く聞いて、多くようやく正しい判断をすることができるのを見ます。