タイ格HOYAはFIM世界の耐久力のチャンピオンシップの政府シリーズ試合のスポンサーになります

FIM世界の耐久力のチャンピオンシップの普及商EurosportEventsLimited(ヨーロッパスポーツ試合有限会社)は喜んで宣言します:国際自動車連盟(FIA)世界のリムジンのチャンピオンシップを継いでとパートナの協同関係が3週間成立した後に、TAGHeuer(タイ格HOYA)はまたすでにFIMEWCの政府の時間単位の計算のパートナーになりました。

TAGHeuer(タイ格HOYA)のこのスイスの腕時計のブランドの歴史はずっと19世紀60年代までさかのぼることができますが、しかしEurosportEventsと世界オートバイスポーツ主管機関FIMの協力は現在依然として初歩段階があって、この項は協力で実は本部が設けてパリEurosportEventsがFIMにでEWC普及商を選抜して任用して2015シーズンになる後でやっと本当にただ始まるだけ。しかしそれを

通じて(通って)強力に普及と試合日程が革新するのを宣伝して、EurosportEventsはすでに関係する試合と影響力を盛り返す方面に巨大な進展を得ました。同様に先見の明があるおよび、創造精神の双方にとって、EWCとTAGHeuer(タイ格HOYA)の協力では最高の組合せをして、持ちつ持たれつで更によくなりを称することができます。

EWCは試合に参加するオートバイ競技チームに意外にも世界の最優秀耐久力の優勝を追うために8~24時間続く試合の中で一分一秒を争うように求めて、TAGHeuer(タイ格HOYA)の“#DontCrackUnderPressure(#が自ら挑戦の業績に怖がりがない)”のブランドの格言の天然の代弁者と言えます。TAGHeuer(タイ格HOYA)のように、一回ごとにについて挑戦して、かつEWCの競う運転手達がずっと勇敢に直面して、勇敢に突き進むのがいつまでも捨てるのを言いありません。