ベーシックな黒こそ、ジュエラーを選ぶべき

このSSブレスレットだったら、スーツやジャケパンといったスタイルはもちろん、結構骨太なのでダイバーズに合わせるくらいのコーディネートまで、フォローできそう。スーツに合わせたとしても、それが退屈に見えないし、ダイバーズのような骨太感があるから、ショーツに長袖のニットなどを合わせてもエレガントになるとおもいます。

ふたつの「オクト」を見て感じたのは、ブルガリはジュエラーとしてのプライドをもち続けているということ。流行は流行として捉えていても、そこには揺るぎないオリジナリティが同居している。だから時代に媚びてもいないし、そのうえで、プライス的にも戦略的になっているのがすごいところ。

MEN’S CLUBの読者の平均年齢は30代半ばで、全体の40代が30%ちょっとを占めている。雑誌で掲載するものについては、彼らが買えるものというのを意識して選んでいますね。クルマを除けば、実際に手に入れるアイテムのなかでもっとも高額なのが時計で、それをMEN’S CLUBではコストパフォーマンスという切り口で選ぶことを提案しています。それは単にプライスで選びましょうというものではなく、そこには時計専門誌並みのテキストを添えて、ロジックをわかったうえで、選んでほしいというおもいも込められているのです。

ジュエラーがつくる時計という優雅さを備えつつ、男らしさや遊びすぎない節度をもっているのが客観的に見た「オクト」の魅力。そのバランスのよさというか、さじ加減の巧みさが“長い間使える”というコストパフォーマンスの良さにつながっているのだとおもいます。